ANES アネス株式会社
TOP > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 中堅社員
採用情報 Recruit
先輩社員紹介
中堅社員 若手社員

工程管理、品質管理、安全管理、予算管理が施工管理の4本柱
第一技術部 主任 村山慎一 1995年入社

施工管理技術者として、官公庁の仕事を中心に、学校、図書館、工場などの設備工事に携ってきました。具体的な仕事内容は、工事が効率的に進行するよう段取りを行う工程管理、工事品質の管理、技術者・作業者の安全管理、予算管理の4本柱で、配管工・ダクト工・保温工などの下請け工事業者の手配や施工図の作成も行います。現在は、協力会社6社、20人から30人の技術者や作業者のリーダーとして、図書館の床下空調という大空間にチャレンジしています。これだけの規模の床下空調は例がなく、お客様にも注目されている技術です。設備工事は、建築工事の工程の合間をぬって作業を行うこともあり、全工程を把握していないと納期に間に合わなくなってしまうため、つねに工程管理には目を配っています。また、こういった空調や配管の工事は、パイプを建築物の壁や天井に効率的に通さなければなりません。「収まり」を調整するための施工図の修正も多く、ラクな仕事ではありません。正確性を重視し、図面上で詳細な計画を行い、素材の機能を検証しておく必要もあります。それでも建物が完成して、空調から温かい風、涼しい風が実際に流れてくると、それまでの苦労もすべて吹き飛ばされてしまうほどの喜びです。

  人のための空間づくりは“自分の中での達成感”が大きい仕事

アネスの施工管理の仕事は、官公庁からの発注で公共の建物をつくる仕事や、サブコンとのボリュームの大きい仕事、元請けとして設計・開発から絡む生産管理の仕事の3パターンが主軸となっています。私が関わっているのは官公庁の設備工事。施工計画から完成までトータルに携れるので“空間づくり”の面白さを満喫できます。それと規模が大きく話題性のある建物に携れる満足感もあります。官公庁の仕事は、民間の工事に比べると納期的にやや余裕があることや、業務の流れがきっちりしているというメリットもありますが、仕様の基準が決まっている分、作成する書類も多くなります。施工前なら素材やそれを扱うメーカーの選定について説明する書面作成。施工時も、役所への書類提出→確認→承諾→施工実施という手順を踏んで、仕様通りに工程管理する必要があり、妥協は許されません。施工管理というと、現場で動いているイメージがある方もいらっしゃるかと思いますが、結構デスクワークも多い仕事なんです(笑)。また、計画が悪いと作業のやり直しが増え、会社の利益を損ないます。ですから、施工図から現場での作業計画をイメージできる想像力も大事。会社の利益にも配慮できるようになれば、施工管理としては一人前といえるでしょう。

1日のスケジュール
8:00〜 現場に来て朝礼・体操
設備関連の作業員にKYK(危険予知活動)で注意事項を共有
作業員が仕事をしやすいように段取りをしておく
施工図を職長に渡す
8:30〜 現場での工程管理業務
安全パトロール。作業員の安全帯の装着状況などをチェック
実際に作業すると図面通りにならない部分は施工図の修正
12:00〜 昼食タイム
13:00〜 職長との打ち合わせ
午後の作業工程や注意事項を確認
13:15〜 現場での工程管理業務。施工図通りに作業が進んでいるかチェック
施工写真を撮って作業状況を残す
17:00〜20:00 翌日の計画や段取りの準備、作業日報の作成、職長・作業員への指示書を作成、施工図の直しなど、事務所で作業

安全管理の基本は、現場の整理整頓。
工具の置き場や通路も確認!

資材運びを手伝うことも…
これも作業員とのコミュニケーション。


Copyright(C) ANES CO.,LTD. All Rights Reserved.